宇多田がマイブームなこと

宇多田ヒカルのブームが自分の中で再燃しており、iPodの中身が宇多田一色になっている。
なぜなのか、わからない。
ちょっと前にはセカイノオワリばかりを聞いていたというのに。
宇多田は退廃的な歌詞と都市空間を思わせる音のセンスが融合していて、すばらしいなと思う。
ピアノも満足に弾けない自分が音楽の評価しているのも、正直どうかと思うけど。
最初に彼女が世に出たばかりのころは、大物が来たな、という感じがしたものだ。
ずっと走り続けている、という印象を与えるような、高度な疾走感あふれる楽曲の数々がとても好き。
本当はずっとライブにも行ってみたかったけれども行かずじまい。
いま改めて聞いてみて、本当に宇多田は良いと思う。