密室殺人の話をよく読みます

タリーズでお茶をするのが最近とても好きだ。
その際に小説を読んでいるのだが、自分のチョイスは偏っていると感じる。
主に推理小説かミステリーに限られている。
恋愛小説というものはあまり読んだことがない。
あと、純粋な感動ストーリーだとかハートウォーミングな話も読まない。
なんとなく、読んでいてだんだんだれてくるからかもしれない。

どうでもいい話の筋だと眠くなるし。
一時期、密室殺人についてのものばかりを読んでいたような気がする。
別に現実の世界の人殺しには少しも興味はないのだけれども。
ただ、架空な世界の殺人はどきどきするものが多くて、面白い。
基本的に犯人当てには参加せずに、傍観している感じ。
それでも十分楽しめる。